--/--.--   スポンサーサイト 
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/21.Fri   ■外部変形■木造計算01 
11:22
 kanazakuraさんの外部変形
【木造計算01】
 ダウンロードサイト【siegel's『間』】
 中断したあたり『金桜さんの外部変形掲載ページ』に右をクリック
 

 ダウンロードページ直接アドレス
 ■以下のことが出来ます■
1_hekiryou01.bat-----壁量計算(平屋建)
2_hekiryou02.bat-----壁量計算(2階建)
3_hensin01.bat-------偏心計算(平屋建用)
4_hensin02.bat-------偏心計算(2階建)
5_kanki.bat----------シックハウス換気計算
6_zairyou.bat--------使用材料表
7_kyositu.bat--------採光,換気,排煙計算
8_pr.bat-------------圧力損失計算(簡略法)
壁量計算画面


 ↓これいい!と思ったら、ここ押してください。
FC2ランキング

 こんなの無料で公開していいの?って思うほどです。
 kanazakuraさんやsiegelさんの外変は やっぱ!Jwwの説明書が付いているのが、ユーザーにやさしく、導入しやすい!

 初心者ユーザーは導入は出来ても使い方が・・とかでよく挫折する。事実おいらがそうであったように。
 一般の人に使いやすく、やさしい外変ははっきり言って少ないです!
 これからVerUpする外変は このように 誰にでも使える、ステキ外変であってほしい。

 Jwwがフリーでたくさんのユーザーがいて、たくさんのフォローサイトや、フォローページが存在する。


 しかし こと外変に対しては、その数が非常に多く、そこまでの説明がないのが現状である。しかし 中にはこれほど やさしい外変もあるんだ!初心者ユーザーもこれらのすばらしい外変を使ってJwをすきなってね~

 サラリーマンで壁量の専用ソフトも上司が買ってくれない中小企業戦士よ!無料で有用なステキなものが 世の中にはたくさんあるぞ!

 公開してくれているkanazakuraさん、またサイトをさいてUpしていただいているsiegelさんに感謝ぺこ <(_ _)>
COMMENT TO THIS ENTRY
--2_hekiryou02.bat--

2_hekiryou02.bat
このbatファイルの最初から22行目までの部分を、【コメント】頂いた部分と入れ替えたら いいんですよね?
 
 (; ̄ー ̄川 アセアセ

 危うく、コメントファイルをそのまま上書きしそうになっちゃった・・・
 (; ̄ー ̄川 アセアセ

from 盗朱

----

れっどさん、今日はどうもです。
giriさん、ご無沙汰です。

木造計算01は現段階では少し仕様が
変更になっています。その中で壁量
計算のデータ選択方式及び文字基点
取得が01では上手くないのでバッチ
ファイル下記のように修正しますと良い
と思います。

@REM 壁量計算(2階建)
@echo off
goto do%1
REM #jww
REM #cd
REM #hm |1階平面データ|2階平面データ|立面見付データ|計算書xls呼出|説明書呼出|ソリッド表作図|壁倍率表作図|
REM #:1
REM #h2
REM #hc 1階平面図計算データ範囲選択 ※左クリックで確定
REM #0 計算基準原点指示(左下)
REM #1 計算基準対角終点指示(右上)
REM #i 地盤の選択|① 一般地域|② 指定地域|/_/g
REM #i 屋根(壁)の種類選択|① 重い屋根|② 軽い屋根|/_/k
REM #c 1A 側端部分の2階の有無 : 2階有→2 2階無→1 入力(無指定=2) :/_/a
REM #c 1B 側端部分の2階の有無 : 2階有→2 2階無→1 入力(無指定=2) :/_/b
REM #c 1C 側端部分の2階の有無 : 2階有→2 2階無→1 入力(無指定=2) :/_/c
REM #c 1D 側端部分の2階の有無 : 2階有→2 2階無→1 入力(無指定=2) :/_/d
REM #ht10
REM #ht20
REM #ht30
REM #zc
REM #hr
REM #e

これにより左クリックで強制的に文字
及び基点も取得されます。
(文字基点が左下の場合は01で問題
ありませんが。

giriさんご指摘のN値ですが

N値について改正当時は所謂N値計算
エクセルシートやソフトが開発されました
がこのところ改めて作成されている方は
居られないようです。

いろいろ原因はありますがN値計算が
非常に煩雑で時間が掛かる事が主な
原因だと思います。

平面図のデータから自動的にN値の計算
と金物の選定をする事は十分可能ですが反面其のためのデータを平面に付加しな
ければならず結局時間がかかってしまい
ます。

現段階で多くの方が取られている手法は
耐力壁が取り付く端部の柱は告示で決
定し、内部は予め計算した耐力壁の組合せにより金物を決定しているようです。

私の経験からしますと内部の柱は(い)
または(ろ)の場合が殆どです。外部に
ついては計算告示に関わらず隅柱は(と)
その他の柱は(は)以上を使用しています。

最近、柱等をブロック図形で作図しますと
簡易にN値計算が出来る事に気がつき
ました。

from 金桜

----

これ、まだ使ってなくて現在の課題
N値まで、流れてくれれば理想なのだ
が難しいだろうな。

今日の質問、クロックのみでこんな方法も
http://www.geocities.jp/girichan11/swf/red3.htm

from giri

   非公開コメント  

FeedBurner

twitter

FC2カウンター

プロフィール

盗朱

Author:盗朱
 ご意見は、
mail.png

 
eMachinesJ3210 Core2Duo7200
VistaHB Intel945G
GeForce 9600 GT-DDR3-512MB

Note PC:FMV-C6310仕事用
 リンクフリーですが、ご一報いただければ幸いです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

CopyRight 2006 ■現場のJW+Web2.0■ All rights reserved.
Photo material by ミントBlue  / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。