--/--.--   スポンサーサイト 
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/06.Fri   各室の面積(住宅のたたき図面) 
15:49
 いま、鉄骨3階建ての設計をしてします。
 この前、たたきの図面を持っていきました。
すると、お客さまが・・・・
「これらの部屋の帖数はいくつですか?」と聞かれました。

 たしかに、建築に携わってない一般の人は部屋の大きさを○○m2とか言われても、ピンとこないでしょう。

 そこで、すべての部屋を帖数で書きこんできてくださいと言わけました。
 JWWの測定機能で面積を出して、*0.605すれば帖数は出ますが、いちいちそれらをするのが面倒。
 しかも各部屋ごとの大きさを出しておけば、換気計算のときにも役立つし・・・

 そこでちょっと 頭をひねってみた。
FC2ランキング

線記号:対角ソリッドを使って、各室ソリッドを掛ける。
 別に使わなくても、普通のソリッドでいいです。

②tarlさんの外部変形 Solid_SUM Ver.1.94を使って、各ソリッドの面積を出させる。

 この方法が一番早く楽チンだとおもった。

 そこで

 tarlさんの外部変形Solid_SUM Ver.1.94の中のファイルsolid_s.LSTをテキストエディタでひらいて、最後の行に 帖,0.605を加えることによって、面積をであらわすことが可能になるわけだ。
 o(*^▽^*)o~♪
 tarl0406001.jpg


 上記画像のとおりです。

 すると・・

ss0406002.jpg

 こんな 感じになります。

 帖もm2も両方出しておくほうが 行く末は便利だろう。
 枠外にでも作図させておいて、入れ替えればいいよね。
COMMENT TO THIS ENTRY
----

giri兄 こんちo(*^▽^*)o~♪
 最近では、大きな現場に行かず、住宅、倉庫などの3000万程度の現場の設計から施工までの業務がおおいのと、ほかにも数件の案件の処理がおおいので、かなり いろいろなものを使いこなし、いろいろなコラボも思いつきました。
 また ぼちぼち紹介していきます。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

元丼屋店長さん こんちわo(*^▽^*)o~♪
 わざわざ書き込みありがとうございます。ここをみて頂いてるだけで光栄です。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
>平米面積に 0.605 入力するとかいう手もありますね。
 頂きました。(o*。_。)oペコッ
 今テストしました。これは べんりじゃ!すげぇ!
 このWコラボはいいぞ!
 
住職どもo(*^▽^*)o~♪
>式計算で、㎡->帖などは、作っていますが。
 (; ̄ー ̄A アセアセ・・・ 作れる人は、作っちゃうのね・・・
 でも 作れない人は いろいろ考えるでしょ?
 tarlさんの計算結果を一度Excelにコピーして、計算して、それから、JWWに貼り付けなどとも、考えたけど、

 外変2回起動すれば いいだけだったので、それは却下です。
 (; ̄ー ̄A アセアセ・・・

 
 さすがに、このての話題になると いろいろな方がコメントをくれます。
 めっちゃ 感謝o(*^▽^*)o~♪

from 盗朱

----

sugiさんのこの外変は、忘れていました。
式計算で、㎡->帖などは、作っていますが。

from 住職

----

sugiさんの ruby外変に文字計算というのもあるので、
平米を出しておいて、文字計算1.bat の[積で計算]から
平米面積に 0.605 入力するとかいう手もありますね。

from 元丼屋店長

----

いっただき
平面図にカッコ付きで入れてるもので
しかし全く思いつかなかった

from giri

   非公開コメント  

FeedBurner

twitter

FC2カウンター

プロフィール

盗朱

Author:盗朱
 ご意見は、
mail.png

 
eMachinesJ3210 Core2Duo7200
VistaHB Intel945G
GeForce 9600 GT-DDR3-512MB

Note PC:FMV-C6310仕事用
 リンクフリーですが、ご一報いただければ幸いです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

CopyRight 2006 ■現場のJW+Web2.0■ All rights reserved.
Photo material by ミントBlue  / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。