09/21.Fri   壁にクラック・・・ 
21:34
 自分の恥をさらすようですが・・・
3番の現場、壁躯体にクラックが入りました。


 経過を見るために、全てのクラックを測定、確認し記録しています。
20120921ge05.jpg

0311.jpg

 クラックの巾は、0.06mm~0.3mmまで、スラブから上部に向けて縦に入っています。
 

 監理者、監督員の立会いも行い現地の確認も行いました。

 しかし、まだ2棟 躯体のコンクリート打設があるため、コンクリート診断士に見て頂きました。


 その結果、外部拘束による温度ひび割れと診断されました。

 20120921ge04.jpg


 上記の原因により発生したクラックです。
 打設前に型枠に散水し、アジテーターのミキサー部分にも散水し、コンクリート自体の温度をなるべく低く打設したつもりだったのですが・・・

 そして、監理者に報告書を提出・・・

20120921ge0303.jpg



 誠に申し訳ない話です・・・・( ┰_┰)
 
 ブログの記事にして残したのは、自分への戒めと、今後このようなことが無い様、施工の品質確保に努めたいと思ったからです。

 診断士の方曰く、「自分の家のコンクリート打設は、夏と冬にはさせまん」

 夏のコンクリート打設の外部拘束クラックは非常に防ぎにくいものだと話されていました。

 今後は

 太平洋ハイパーエクスパン | コンクリート混和材(剤)・ひび割れ低減材(剤) | 太平洋マテリアル株式会社
 上記のような混和材投入も考えなければならないかも・・・

 しかし、発注時期も考慮し、設計段階で暑中コンクリート打設の予算等、設計段階で考慮して頂きたいのが本音です・・・


 今後はクラックの出ないよう検討し、次回の躯体コンクリート打設を入念に検討します。
COMMENT TO THIS ENTRY
----

 計画も打設順も 難しいですね・・・必ずジョントはできるので・・・
反省し、次回に生かします。

from うにょすけ

----

暑中コンクリートが日平均25度cの時適用ですから該当していたのでしょうね。でも施工計画難しそう。工事仕様書の要求は明解ですけど。

from kathu

   非公開コメント  

FeedBurner

twitter

FC2カウンター

プロフィール

盗朱

Author:盗朱
 ご意見は、
mail.png

 
eMachinesJ3210 Core2Duo7200
VistaHB Intel945G
GeForce 9600 GT-DDR3-512MB

Note PC:FMV-C6310仕事用
 リンクフリーですが、ご一報いただければ幸いです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

CopyRight 2006 ■現場のJW+Web2.0■ All rights reserved.
Photo material by ミントBlue  / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /