FC2ブログ
07/25.Sat   外部変形:円外消去 
07:59
本家 掲示板に 図面の一部を丸く切り取りたい(円外消去)


確かに 部分詳細の抜き出しとかで見ますね。
 スレッドを全部読んで見ました。
 最後のrubyのソースが有りました。

sugiさんに感謝し利用させて頂きます。

以下をテキストでコピーして 適当に名前をつける。
 拡張子は .bat

@REM jww 外部変形
@REM 円外消去.BAT
@REM ruby 1.8.1 以降に対応
@REM 文字列を処理
@REM SJIS で保存してください
@echo off
REM #jww
REM #cd
REM #ht10
REM #ht20
REM #ht40
REM #zz
goto %1
REM #hm【円外消去】 |円外消去|等倍複写|2倍複写|N倍複写|回転複写|基準指示|
REM #:1
REM #h2
REM #hc 【円外消去】処理範囲を指定してください
REM #g1
REM #bz
REM #9ci 【円外消去】円を指示
REM #e
REM #:2
REM #h2
REM #hc 【等倍複写】処理範囲を指定してください
REM #g1
REM #bz
REM #9ci 【等倍複写】円を指示
REM #0%d 【等倍複写】複写先指示
REM #e
REM #:3
REM #h2
REM #hc 【2倍複写】処理範囲を指定してください
REM #g1
REM #bz
REM #9ci 【2倍複写】円を指示
REM #0%d 【2倍複写】複写先指示
REM #e
REM #:4
REM #h2
REM #hc 【N倍複写】処理範囲を指定してください
REM #g1
REM #bz
REM #9ci 【N倍複写】円を指示
REM #0%d 【N倍複写】複写先指示
REM #c 【N倍複写】倍率指定(無指定:1) : /_N
REM #e
REM #:5
REM #h2
REM #hc 【回転複写】処理範囲を指定してください
REM #g1
REM #bz
REM #9ci 【回転複写】円を指示
REM #0%d 【回転複写】複写先指示
REM #c 【回転複写】倍率指定(無指定:1) : /_N
REM #e
REM #:6
REM #h2
REM #hc 【基準指示】処理範囲を指定してください
REM #g1
REM #bz
REM #9ci 【基準指示】円を指示
REM #8ln 【基準指示】基準線を指示
REM #0%d 【基準指示】複写先指示
REM #c 【基準指示】倍率指定(無指定:1) : /_N
REM #e

:1
:2
:4
:5
:6
copy jwc_temp.txt jwc_bak.txt
rubyw -Ks -x %~f0 %1 %2
GOTO END
:3
copy jwc_temp.txt jwc_bak.txt
rubyw -Ks -x %~f0 %1 N2
GOTO END

【円外消去】指定した円の外側を消去
【等倍複写】指定した円の外側を消去して複写
【2倍複写】倍率2倍
【N倍複写】倍率N倍
【回転複写】意味はないけどランダムに回転させてみる
【基準指示】回転複写で基準線が水平になるように回転

#! ruby
# encoding: SJIS

# 座標値を取り込む際に円の中心からの相対座標に直す
# 座標値を出力する際
# 【円外消去】では座標を元に戻す
# 他は行列を使って倍率をかけたり回転させたり

include Math
require 'matrix'

$stdout=open("jwc_temp.txt","w")
$stderr=open("tmp_err.txt","w")

def kouten(a,c,b,d) #外積を使って二線(ab,cd)の交点を求める
cp1=(d-b)[0]*(b-a)[1]-(d-b)[1]*(b-a)[0]
cp2=(d-b)[0]*(c-b)[1]-(d-b)[1]*(c-b)[0]
k=cp1/(cp1+cp2)
p=(c-a)*k+a
end

class Vector #ruby 1.8.1対策
def dot(a)
self[0]*a[0]+self[1]*a[1]
end
def -@
collect {|e| -e }
end
def /(x)
els = @elements.collect{|e| e / x}
self.class.elements(els, false)
end
end
class Array
def each_slice(num)
arr=[]
self.each_with_index{|e,i|
arr[i/num]=[] unless arr[i/num]
arr[i/num][i%num]=e}
arr
end
end
class String
def each_char
scan(/./){|c| yield(c)}
end
def bsize
begin
self.bytesize
rescue
self.size
end
end
end

opt=ARGV[0].to_i #1:【円外消去】
jwc=open("jwc_bak.txt").read
n=ARGV.grep(/^N/)[0].to_s.gsub(/^N/,"").to_f
n=1.0 if n==0
mx=Matrix[[n,0],[0,n]]
rd=(opt==5 ? rand(360.0) :0)
if opt==6 #【基準指示】
ln8s,ln8e=jwc.match(/hhp8ln\n (-?[\d.]+) (-?[\d.]+) (-?[\d.]+) (-?[\d.]+)/m).
to_a.map{|e| e.to_f}[1..4].each_slice(2).map{|e| Vector.elements(e)}
ln8p=Vector.elements(jwc.match(/hp8ln (-?[\d.]+) (-?[\d.]+)/).
to_a.map{|e| e.to_f}[1..2])
ln8s,ln8e=ln8e,ln8s if (ln8p-ln8s).r>(ln8p-ln8e).r
rd=-atan2((ln8e-ln8s)[1],(ln8e-ln8s)[0])*180.0/PI
end
mk=Matrix[[cos(rd*PI/180.0),-sin(rd*PI/180.0)],
[sin(rd*PI/180.0),cos(rd*PI/180.0)]] #回転用行列
mx=mk*mx
vo=Vector[0,0]

cir=jwc.match(/hhp9ci\nci (-?[\d.]+) (-?[\d.]+) (-?[\d.]+)/m).
to_a.map{|e| e.to_f}[1..3]
v0=Vector.elements(cir[0..1])
r1=cir[2]
hcw,hch,hcd,hcc=[],[],[],[]
fcw,fch,fcd,fcc=0,0,0,0
jwc.split("\n").each{|jw|
if jw.match(/^hq/)
puts "hd" if opt==1
elsif jw.match(/^hc[whdc]/)
hcw=jw.split(" ").map{|e| e.to_f} if /^hcw/=~jw
hch=jw.split(" ").map{|e| e.to_f} if /^hch/=~jw
hcd=jw.split(" ").map{|e| e.to_f} if /^hcd/=~jw
hcc=jw.split(" ").map{|e| e.to_f} if /^hcc/=~jw
puts jw
elsif jw.match(/^cn0 (.*)/)
fcw,fch,fcd,fcc=$1.split(" ").map{|e| e.to_f}
puts jw
elsif jw.match(/^cn([1-9]0?)/)
cn=$1.to_i
fcw,fch,fcd,fcc=hcw[cn],hch[cn],hcd[cn],hcc[cn]
puts jw
elsif jw.match(/^pt (.*)/) #点と点マーカの処理
pp=$1.split(" ").map{|f| f.to_f}
vp=Vector.elements([pp[0],pp[1]])
vp=vp-v0
if vp.r vpn=(opt==1 ? vp+v0 : mx*vp)
puts "pt "+vpn.to_a.join(" ") if pp.size==2 #点
puts "pt "+vpn.to_a.join(" ")+" #{pp[2]*n} "+
"#{(pp[3]+rd)%360.0} #{pp[4].to_i}" if pp.size==5 #点マーカ
end
elsif jw.match(/^( -?[\d.]+){4}/) #線の処理
vs,ve=$&.split(" ").map{|e| e.to_f}.
each_slice(2).map{|e| Vector.elements(e)}
vs,ve=vs-v0,ve-v0
vs,ve=ve,vs if vs.r>ve.r
vb=Matrix[[0,-1],[1,0]]*(ve-vs) #90°回転
vh=kouten(vo,vb,vs,ve) #円の中心から線への垂点
if vh.r vp=(ve-vs)*sqrt(r1**2-(vh.r)**2)/(ve-vs).r+vh
vq=(vs-ve)*sqrt(r1**2-(vh.r)**2)/(ve-vs).r+vh
vsn,ven,vpn,vqn=vs+v0,ve+v0,vp+v0,vq+v0 if opt==1
vsn,ven,vpn,vqn=mx*vs,mx*ve,mx*vp,mx*vq if opt!=1
if vs.r puts " "+(vsn.to_a+ven.to_a).join(" ")
elsif vs.r puts " "+(vsn.to_a+vpn.to_a).join(" ")
elsif (vq-vs).dot(ve-vs)>0 && (vp-vs).dot(ve-vs)>0 #円を横切る
puts " "+(vqn.to_a+vpn.to_a).join(" ")
end
end
elsif jw.match(/^ci (.*)/) #円の処理
ci=$1.split(" ").map{|f| f.to_f}
cc=Vector.elements(ci[0,2])
cc=cc-v0 #円弧中心
r2=ci[2] #半径
d=cc.r #円と円の距離
ch=(ci[5] ? ci[5] :1.0) #扁平率
cj=(ci[6] ? ci[6] :0.0) #軸角
ccn=(opt==1 ? cc+v0 : mx*cc)
if d>r1+r2 #円が離れている場合
next
elsif d if ci[3] #円弧か楕円
puts "ci "+ccn.to_a.join(" ")+" #{r2*n} "+
ci[3..5].join(" ")+" #{(cj+rd)%360.0}"
else
puts "ci "+ccn.to_a.join(" ")+" #{r2*n}"
end
else #交点が存在する場合
if ch<1.0 #楕円の場合はそのまま出力
puts "ci "+ccn.to_a.join(" ")+" #{r2*n} "+
ci[3..5].join(" ")+" #{(cj+rd)%360.0}"
else
begin
rad=acos((d**2+r1**2-r2**2)/(2*d*r1)) #余弦定理
rescue
next #(d**2+r1**2-r2**2)/(2*d*r1)が範囲外なら次へ
end
ma=Matrix[[cos(rad),sin(rad)],[-sin(rad),cos(rad)]]
mb=Matrix[[cos(rad),-sin(rad)],[sin(rad),cos(rad)]]
vp=ma*cc*(r1/d) #交点1
vq=mb*cc*(r1/d) #交点2
vc=Vector[r2,0]
dp=atan2((vp-cc)[1],(vp-cc)[0])*180/PI
dq=atan2((vq-cc)[1],(vq-cc)[0])*180/PI
dp,dq=(dp+360.0)%360.0,(dq+360.0)%360.0
dp,dq=[dp,dq].sort
if ci.size==3 #円の場合
dp,dq=dq,dp if (vc+cc).r puts "ci "+ccn.to_a.join(" ")+" #{r2*n} #{dp} #{dq} 1.0 #{rd}"
else #円弧の場合
ds,de=ci[3]+cj,ci[4]+cj #始角と終角
de=(de-ds<0 ? de-ds+360.0 : de-ds)
dp,dq=[dp,dq].map{|e| (e-ds+360.0)%360.0}.sort
ms=Matrix[[cos(ds*PI/180),-sin(ds*PI/180)],[sin(ds*PI/180),cos(ds*PI/180)]]
if dq if (ms*vc+cc).r dp,dq,de=[dp,dq,de].map{|e| (e+ds)%360}
puts "ci "+ccn.to_a.join(" ")+" #{r2*n} #{ds} #{dp} 1.0 #{rd}"
puts "ci "+ccn.to_a.join(" ")+" #{r2*n} #{dq} #{de} 1.0 #{rd}"
else
dp,dq,de=[dp,dq,de].map{|e| (e+ds)%360}
puts "ci "+ccn.to_a.join(" ")+" #{r2*n} #{dp} #{dq} 1.0 #{rd}"
end
elsif dp dp,dq,de=[dp,dq,de].map{|e| (e+ds)%360}
if (ms*vc+cc).r puts "ci "+ccn.to_a.join(" ")+" #{r2*n} #{ds} #{dp} 1.0 #{rd}"
else
puts "ci "+ccn.to_a.join(" ")+" #{r2*n} #{dp} #{de} 1.0 #{rd}"
end
else de dp,dq,de=[dp,dq,de].map{|e| (e+ds)%360}
if (ms*vc+cc).r puts "ci "+ccn.to_a.join(" ")+" #{r2*n} #{ds} #{de} 1.0 #{rd}"
end
end
end
end
end
elsif jw.match(/^(c[hvsroptkz2])/) #文字列の処理
#円の内外に関わらず文字列を削除したい場合は
#次の行の先頭の#を削除してコメントアウトを解除する
#next
jch=jw.scan(/([^\s]+) ([^\s]+) ([^\s]+) ([^\s]+) ([^\s]+) (.*)$/).flatten
vs,ve=jch[1..4].map{|e| e.to_f}.each_slice(2).map{|e| Vector.elements(e)}
vs=vs-v0
jc0,jc5=jch[0],jch[5][1..-1]
vb=Matrix[[0,-1],[1,0]]*ve #90°回転
vh=kouten(vo,vb,vs,vs+ve) #円の中心から線への垂点
if vh.r vp= ve*sqrt(r1**2-(vh.r)**2)/ve.r+vh
vq=-ve*sqrt(r1**2-(vh.r)**2)/ve.r+vh
dq,dp,jc5n=0,0,""
if vs.r jc5n=jc5
vsn=vs
elsif vs.r jc5.each_char{|e|
if (vp-vs).r>dp
dp+=(e.bsize==1 ? fcw*0.5+fcd*0.5 : fcw+fcd)
jc5n+=e
end}
vsn=vs
elsif (vs+ve).r jc5.each_char{|e|
if (vq-vs).r>dq
dq+=(e.bsize==1 ? fcw*0.5+fcd*0.5 : fcw+fcd)
else
jc5n+=e
end}
vsn=vs+ve*dq/(ve.r)
elsif ve.dot(vq-vs)>0 && ve.dot(vp-vs)>0 #始点と終点が円を横切る(s,q,p,e)
jc5.each_char{|e|
if (vq-vs).r>dq
dq+=(e.bsize==1 ? fcw*0.5+fcd*0.5 : fcw+fcd)
dp=dq
elsif (vp-vs).r>dp
dp+=(e.bsize==1 ? fcw*0.5+fcd*0.5 : fcw+fcd)
jc5n+=e
end}
vsn=vs+ve*dq/(ve.r)
end
if vsn #円外の文字は書き出さない
vsn,ven=vsn+v0,mk*ve if opt==1
vsn,ven=mx*vsn,mx*ve if opt!=1
puts "cn0 #{fcw*n} #{fch*n} #{fcd*n} #{fcc.to_i}" unless n==1.0
puts %Q|#{jc0} #{vsn[0]} #{vsn[1]} #{ven[0]} #{ven[1]} "#{jc5n}|
end
end
else
puts jw unless jw.match(/^s[lceog]/) #ソリッドデータは書き出さない
end}
__END__
:END






07/07.Tue   【外部変形】シンプルグラデーションソリッド 
07:12
Solid0.jpg

Jw_cad用外部変形「シンプルグラデーションソリッド」は、ソリッド図形による疑似グラデーションを作図するソフトウエアです。

指定した複数の色を連続的に変化させて疑似グラデーションを作図します。
グラデーションの方向は水平・垂直・対角(右、左)の4方向が選択できます。

「autolayer」オプションを使うと、レイヤ名が「ペイント」「テクスチャ」のレイヤを自動で探して作図します。




ダウンロードはこちらから
 MISCELLANEOUS DATA STORAGE 2 for CAD Drawings
05/02.Sat   ■外部変形■ R平均地盤 2020/5/2 
17:40
 
平均地盤面を求めて、作図 作表する外部変形
 以下からDLしてくださいませ。検索はR平均地盤です。
 記事訂正 2020/05/02


HinoADOHinoADO
http://hinoado.com/tw/index.html







 説明が面倒なので、動画で見て下さい。(´・ω・`)





 敷地測量したデーターがあれば、
 当然各ポイントの高さもわかっているので、データーだけあれば
 高さを入力するだけの作業です。 数分ですよ(´・ω・`)
09/26.Thu   【外部変形】LP_COUNT/L_LIST  更新 
10:58

Jw_cad用外部変形「LP_COUNT/L_LIST」は、ソリッド図形の面積、線の長さ、
円・点・文字の数を集計し、CAD上での積算業務を省力化するソフトウエアです。




MISCELLANEOUS DATA STORAGE 2 for CAD Drawings

 上記より ダウンロードしてください。


 とても 便利ですよ。
05/30.Thu   Ruby覚書 
07:39
 会社配布のパソコンも順次64bitになりました。

 僕のPCはリース延期で 2019年5月30日(令和元年5月30日現在)いまだ32bitです。
 ただ、会社の若い社員、上司等は64bitです。 会社の2/3以上は入れ替わったかと・・・・
 そこで 問題なのが・・・・

 「外部変形が動かない!」なんて 問い合わせが多数きます。
 
 僕が個人的に使用しているものを、どんどん 盗んで行く割に・・設定や開発言語のことはスルー・・・・

 苦情だけが僕に来るわけです。(´・ω・`)

 外部変形のフォルダのreadmeや、はじめにを嫁・・・って思うのですが・・・・

 僕も外変及びSketchUpでRubyを入れているので・・・・こまったとき用にRubyの覚書です。


①めんどくさい人は、J_GARU for 2000・XPこれぶっこんどけ。
 64Bitでも動くけん。(´・ω・`)

② 気さくなブログ Ruby 1.8.6-p398 Installer気さくさんのサイトみてRubyぶっこもう。
 twitterもしてますので・・・(;・∀・)

③Rubyとは...

   まずなにかかを知りましょうね・・・(;・∀・)

④ ■外変を使用するための ruby の導入

 Yakushima-Tonboさんのサイトはとても丁寧に書いてあるので そこも読もうね。


 これでも 僕のPCが 64bitに変わっても Jwの外変でこまることは 無いでしょうね・・・
 こまったら フェイスブックやtwitterで 直で聞くし(;・∀・)・・・・
12/19.Mon   ■外部変形■ソリッド図形の面積、線の長さ、円・点・文字の数を集計 
09:14
Jw_cad用外部変形「LP_COUNT/L_LIST」は
ソリッド図形の面積、線の長さ、円・点・文字の数を集計し、CAD上での積算業務を省力化するソフトウエアです。


 僕が以前から使用している外部変形です。 
今回SXF線に対応のお願いをして実現したのですが・・・僕が使っていたものはVer1.3
今回のVer1.52です。

 なんと!ソリッドの面積も拾ってくれるのです! もう これ一本でいいかも・・・もちろんソリッドの求積外部変形はいろいろあります。
 ただ、これ一本でも・・・・



ダウンロードは以下から。
 作者さまに直接お願いして、対応していただきました。
 ありがとうございます。



MISCELLANEOUS DATA STORAGE 2 for CAD DrawingsMISCELLANEOUS DATA STORAGE 2 for CAD Drawings
http://miscellaneous-data-storage2.blogspot.jp/?m=1






 さて どんな風につかっているかというと・・・・
以下の画像のように、レイヤを表示のみしておいて、必要な面積はソリッド、カッター入れや囲いをSXFで書きました。
仮設計画兼、拾い出しように 使っています。
 展開図や、平面の広いなど いろいろ多様性がありますよね?
 そして積算の根拠としても 残るので非常に便利に利用しています。

20161219ge01.jpg



05/12.Tue   久々の外部変形導入 
18:52
 僕たち建築現場のものが・・・

 測量、作図、そして作図したものを 現場に・・・

 ってことで・・・久々の外部変形導入・・・・いろいろありまして・・・


 昔から大変お世話になっている

 金桜さんの外部変形です(`・ω・´)


えーっと・・・どこに有るかは 検索すればでてくるかと・・・思います・・・(´・ω・`)

201505012ge01.jpg
01/21.Mon   Windows7(32bit)で外部変形 
18:14
 Windows7にして、初めて外部変形を使う日がやってきました。

 友人に、敷地図を書けとの指示・・・(・∀・i)タラー
 しかも、角度+距離と座標値を使ってとのこと・・・・


 そこで、昼休みに ちゃちゃっとやてみた。

 ※動作確認:Windows7ProSP1(32bit)、Excel2010

 まずは、外部変形を動かすのに必要なプログラムから
 てっとり早いのは、J-GARUでしょう
 J_GARU ダウンロードページJ_GARU ダウンロードページ
http://officehikari.art-studio.cc/jgaru.htm






 Hikariさんのサイトのリンクか切れていまいましたの、直接URL張りました。ごめりんこ(´・ω・`)
 




 敷地図を角度と距離を使うのと、座標から作図するので 選んだ外部変形は いつも利用している2個。
 角度と、距離を使用しての 作図

CAD_Dwg+αのsomemuさんに作って頂いた外部変形です。

■現場のJW+Web2.0■ ■測量した角度と、距離で敷地図を書こう!■現場のJW+Web2.0■ ■測量した角度と、距離で敷地図を書こう!
http://unyored.blog59.fc2.com/blog-entry-922.html





 
 こちらに詳しく書いてあります。





 座標値からの作図

 座標値を使っての作図は、HinoさんのR座標敷地です。 

HinoADO - on cloudHinoADO - on cloud
http://hinoado.com/tw/index.html








 どちらも とても便利に利用させて頂いてます。
 作者様に感謝(´・ω・`)


FeedBurner

FC2カウンター

プロフィール

盗朱

Author:盗朱
 ご意見は、
mail.png

 
eMachinesJ3210 Core2Duo7200
VistaHB Intel945G
GeForce 9600 GT-DDR3-512MB

Note PC:FMV-C6310仕事用
 リンクフリーですが、ご一報いただければ幸いです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

CopyRight 2006 ■現場のJW+Web2.0■ All rights reserved.
Photo material by ミントBlue  / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /