FC2ブログ
06/15.Sat   Dropbox 
08:20
2019/6/15

 Dropboxデスクトップアプリのアップデートを発表したようで・・
 早速いれてみたい。
 Windows10から、Windows7にダウングレードしたPCでも 動いてくれてます。
 感覚でいえば さほどかわったかんはありませんが・・ ウインドの大きさの変更ができないのが難点
 マルチタスクする人には 不向きかな・・・ウインドでかいもん!

 20190615ge01.jpg
 この 大きさで ノートPCの画面に 出てきたら めっちゃ面倒。
 以前の ようにエクスプローラーからの ほうが 柔軟性があっていい。(PCの場合ですが・・)


 タスクメニューからの表示は 逆に少し大きく 見やすくなったかな
20190615ge02.jpg


 とはいえ 無料のユーザーのデバイスの台数制限の3台 こまったものです。
 以前登録してあるデバイスは OK、しかし 今後のデバイスの制限が3台・・・・

 仕事用のメインPC、iPhone、iPad、Macくらいは 使いたいので、4台にしてほしかった・・・・
 
 次のデバイスが増えてた ときからが 問題ですね。(個人的な 使い方で)

 
06/07.Fri   SketchUp for web覚書 
11:15
SketchUp for Webの覚書
 (SketchUpをお持ちでない人前提です。 または 出先のPCでSketchUpデーターを開くの前提)


概要 どこのPCでも ブラウザがあればSketchUpのデーターが開けます。
    Windows 32bitでも64bitでも ブラウザで開けます。
    テストPC Win7-32bit Firefox、Win10-64bit Firefox、IE11最新版以上なようです。
    (2019年 6/7現在)


準備
①Trimbleのアカウントを取得(無料です)

 Trimbleアカウント作成

②SketchUp for Webにて 取得したアカウントでサインインします。
20190607ge01.jpg

③クラウドなり、USBメモリなりで 使っているPCにSketchUpを取り込む。
 その後 フォルダマークのプルダウンメニューから挿入
20190607ge02.jpg


 お使いのコンピュータ選択して
 コンポーネントを挿入

20190607ge03.jpg

 はい完了
20190607ge04.jpg


※きっと この方法が正しい使い方かも・・・(;・∀・)
 事前にSketchUp for Webにアクセス。
 左上の3本線クリックして、TrimbleConnectでフォルダ作成・
 モデルを追加 で ブラウザにファイルをドラックドロップしておくと、
 Trimbleのアカウントでサインインすれば 直接ファイル開けます。(;・∀・)

20190607ge05.jpg


  うむ これで 準備万端! ブラウザあれば かなりの 自由度で 利用できますね。
06/07.Fri   時代に とりのこされないために 
07:38
 トレペに手描き→CAD→3D
 現場で使う 機器も すごいスピードで進化してますね・・・
 
 それに 取り残されている 設計・施工・作業員って ものすごく 多くないですか?


 携帯電話もすごい速度でスマホになりましたよね?
 技術・知識だけでなく 設計・施工の 技術者も いろいろなものに興味もって
 自分のスキルあげないと、とりのこされちゃいますね。

 特に 設計については 不整合によるものを多く見ます。(田舎ですがね・・・)
 
 われわれ施工の方も いろいろな 技術や知識をみにつけないと  すぐに 窓際族ですね。
 (例えが 昭和ですね・・・・^^;)

 今日たまたま トリンブルのアカウントを うちのスタッフに登録させようと検索したら ニコンとトリンブルって2003年かベンチャーなんですね・・・ しりませんでした。


 ニコントリンブル
06/05.Wed   ブラウザでSketchUp 
07:40
 いろいろあって、設計事務所の 監理者から 
SketchUpで 屋根と外壁を4パターん作りなさい。

(正直 あなたがたの仕事でしょう?なんで 僕が)

 ってことで、SketchUpビューアーのURL送って、SketchUpのファイル直で送った。
 あとは 適当に そっちでやってくれって・・・んで ひさびさトリンブルのサイトにログインしたら・・・

 いまって ブラウザでSketchUpファイル開けるのね!
20190605ge01.jpg

 しりませんでした。 これから 面倒だから トリンブルのアカウントつくってもらって ファイル直で送ればすべて解決。

 外出さきでも ブラウザよクラウドでどもでも 開けるね!(*゜▽゜)ノ
05/30.Thu   Ruby覚書 
07:39
 会社配布のパソコンも順次64bitになりました。

 僕のPCはリース延期で 2019年5月30日(令和元年5月30日現在)いまだ32bitです。
 ただ、会社の若い社員、上司等は64bitです。 会社の2/3以上は入れ替わったかと・・・・
 そこで 問題なのが・・・・

 「外部変形が動かない!」なんて 問い合わせが多数きます。
 
 僕が個人的に使用しているものを、どんどん 盗んで行く割に・・設定や開発言語のことはスルー・・・・

 苦情だけが僕に来るわけです。(´・ω・`)

 外部変形のフォルダのreadmeや、はじめにを嫁・・・って思うのですが・・・・

 僕も外変及びSketchUpでRubyを入れているので・・・・こまったとき用にRubyの覚書です。


①めんどくさい人は、J_GARU for 2000・XPこれぶっこんどけ。
 64Bitでも動くけん。(´・ω・`)

② 気さくなブログ Ruby 1.8.6-p398 Installer気さくさんのサイトみてRubyぶっこもう。
 twitterもしてますので・・・(;・∀・)

③Rubyとは...

   まずなにかかを知りましょうね・・・(;・∀・)

④ ■外変を使用するための ruby の導入

 Yakushima-Tonboさんのサイトはとても丁寧に書いてあるので そこも読もうね。


 これでも 僕のPCが 64bitに変わっても Jwの外変でこまることは 無いでしょうね・・・
 こまったら フェイスブックやtwitterで 直で聞くし(;・∀・)・・・・
03/13.Wed   Layout Navigator LN-100 
09:42

Layout Navigator LN-100

 これ 優秀過ぎてすごい便利。

 今回は 柱状改良の杭芯出しと、掘削後の 杭芯の位置確認に使用しました。
 20180313ge01.jpg

 杭伏図に、外部変形で 点を打って・・・・
 外部変形で、座標値をExcelに吐き出して・・・・・
 杭ナビのスマホに入れるだけ・・・・


 設計監理者も、発注者の監督員も「時代が代わったね・・・」といっておりました。
 座標値さえ間違わなければ1年生 ひとりで 杭芯だし、杭位置確認が確認でき、資料を作成するのも簡単でいいです。

 弊社の土木部には2台あるのですが・・・・建築部にはありません・・・・
 稟議書を作成してだしても、却下されました・・・・

 まじ 働き方改革と、新人の育成には必要なものだとおもうんだけど・・・ってぐちですね

 お値段は 1,350,000円くらい。 リースだと月に60,000円くらいで借りれます。
 これから 現場に従事するかたには 必要な機械でしょう。

 僕は、これを使うために 外部変形を探し回って、外部変形を作ってもらってという・・・・
 外部変形を 作ってくれた 方に お礼を申し上げるわけです ペコ(o*。_。)o


 
03/19.Mon   DocuWorks:入れ物 
14:02
さて、DocuWorks7を利用してからかれこれ8年ほどたちます。
 DocuWorks8に変えてからは1年くらいかな?

そして 内勤を1ヶ月ほどすると、いろいろな使い方を覚えたりします。
社内でのデーター共有も兼ねて・・・・

そこで DocuWorks8になって便利なのは、入れ物
2018039ge02.jpg



いろいろな入れ物があります。このあたりは お好みで・・・
20180319ge03.jpg

 入れ物の拡張子は .xct

20180319ge01.jpg




なにが言いたいかというと?
以前のDocuWorks7でも 他のアプリケーションのオリジナルファイルを格納できました。

でもその際は 【フォルダ】というものの中に格納されていた。

今回の入れ物は【ファイル】という概念です。

 社内のネットワークに保存する時に、1ファイルで済むわけです。
共同でいろいろな作業をする際に、いろいろなオリジナルファイルを入れて、そのまま 渡すことができる。
(まぁ他にも DocuWorksの付箋・アノテーションも入れられるが・・・)


 内勤になってファイルを渡すことが多くなって ありがたく感じた機能です。
 現場だと 一人で全部するので、あまり必要ではない。

ファイルの整理の出来ない人にはオススメかも(;・∀・)
03/17.Sat   jwwとdwgとdxf 
09:15
 仕事の内容によって、さまざまなCADが利用されていますが
その都度、CADのファイル形式の話がでますね・・・
建築はJw_cad、アーキトレンド、DRACAD、AutoCAD、GLOOBE、 Revitなど・・
設備に至っては、かなりの専用CADがあります・・・・
メーカーはAutoCADがおおいかな・・・・

 それらをまとめて、施工図を描いたりするのも 僕たちの仕事ですね・・民間では・・・
(国交省ですと・・・最後にp21での提出がありますが・・・・・)

 僕はJw_cadがメインなのでよく困るのが AutoCADのペーパー空間を利用したファイルです・・
Teigha File Converterで変換されかたも多いでしょう。

 ここ数年いろいろなメーカーとのやり取りで、

どうしてもDWGでもらって、DWGで渡す。
 ことが多くなりました。

僕はDraftSightを使っています。 
年に一度メアドの登録は必要ですが、無料なのでとても助かります。

Jw_cadで描いた図面を DXFにして、それをDraftSightで開く

20180317ge01.jpg





 ソリッドも線色も 概ね問題なく開けるので、DraftSightでDWG保存

20180317ge2.jpg




 今の処、データのやりとりで 大きな問題もありません。
 他業種・大手メーカーでAutoCADを利用している方たちと仕事をするときには
大変重宝します(´・ω・`)

FeedBurner

FC2カウンター

プロフィール

盗朱

Author:盗朱
 ご意見は、
mail.png

 
eMachinesJ3210 Core2Duo7200
VistaHB Intel945G
GeForce 9600 GT-DDR3-512MB

Note PC:FMV-C6310仕事用
 リンクフリーですが、ご一報いただければ幸いです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

CopyRight 2006 ■現場のJW+Web2.0■ All rights reserved.
Photo material by ミントBlue  / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /